とき皮膚科整形外科医院 / スキンケアセンター

>ホーム >整形外科の診療案内  >腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症

ご説明

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)とは、 さまざまな原因により脊椎の中を通る神経の通り道(脊柱管)が狭くなり、 そのなかを通っている神経が圧迫されて腰痛や脚のしびれなどのさまざまな症状が出てきます。

次のような症状がいくつかあれば、腰部脊柱管狭窄症の可能性があります。

・少し歩くと、下肢に痛みや張り、太ももの後ろが突っ張ってくる。しゃがんで休むとまた歩ける。
・前かがみになったり、腰をかがめて歩くと楽。
・歩いているときに、足が前に出なくなる。
・足が冷えたり、こむら返りが起こりやすい。
・歩くのにふらふらしたり、下半身がしびれたり痛んだりする。
・脚に力が入らない
・腰痛がある

ひどくなると、あおむけやうつぶせに寝ただけで足がしびれ、横むきに背中を丸めて寝ないと眠れなくなります。排尿や排便の障害が起きることもあります。

治療に時間のかかるケースが多いため、腰の疲れが抜けにくくなってきたと感じたら、早めにご相談下さい。