とき皮膚科整形外科医院 / スキンケアセンター

>ホーム >整形外科の診療案内  >肩こり&腰痛

肩こり&腰痛

ご説明

ご本人が正確に自分の状態を認識することが治療の第一歩になります。 民間療法もたくさんありますが、人によってはかえって状態が悪くなることもあります。

筋緊張によるもの、神経症状を伴うもの、血流障害によるものなどそれぞれ原因が異なれば治療法も違ってきます。

ただ、医学的に痛みをやわらげる効果が立証されている治療法は意外に少ないのです。 その人の仕事環境や希望も考慮して、いろいろな方向から 治療のアプローチを効率的に行うべきだと思います。

おくすりについて

痛みをやわらげる外用薬には、液状のもの、ジェル・クリーム状のもの、いわゆる貼り薬(シップ)などがあります。 ただし、医院で処方する外用薬の中には鎮痛剤が多量に含まれているものもあるので用法には注意してください。

また、痛みをやわらげる飲み薬でも従来のものに加えて、胃などの消化器官に負担をかけないようなタイプの飲み薬もでてきています。

最近では、「慢性的な痛みは、外傷などによる急性期の痛みとは全く異なる機序で発生している」 との報告があり、精神的なストレスを和らげる薬が有効であるともいわれています。

ビタミンB群や神経の炎症をやわらげる薬剤の点滴や血行を改善する薬剤の点滴が有効なこともあります。

神経ブロックが有効なこともあります。

医師からのアドバイス

当院には一般のリハビリテーションの設備はありませんが、 ご希望があれば温熱療法、牽引療法、マッサージなどをうけられる施設への紹介もいたします。

痛いと不安になりますよね。

まずは、忙しくてもきちっと検査を受けて自分の今の状態を把握するだけでも不安が軽くなります。