とき皮膚科整形外科医院 / スキンケアセンター

>ホーム >皮膚科での診療案内  >しみ・こじわ

しみ・こじわ

しみの治療簡単ガイド

顔のしみをフォト「I2PL」やレーザー(ルビー、炭酸ガス)できれいにしたい方は『フォトのコース』をおすすめします。

  1. 口周囲は脱毛レーザー(Gentle LASER)
  2. 顔全体にフォト(I2PL)
  3. 希望の方のみルビーレーザー
    (2週間バンソウコウを貼る必要があります)
  4. 希望の方のみ1mm以下のホクロは炭酸ガスレーザー
  5. ビタミンC誘導体イオン導入

以上すべて込みで、費用は20,000円です。
ルビーレーザー、炭酸ガスレーザーの処置が必要ない方も料金は20,000円です。
肝斑というしみがある方は内服薬があります。
肝斑に効果的と言い切れるレーザーは今のところありません。
いずれにしても、一度診察にお越し下さい。

肝斑

主に30歳以降の女性の両頬に対称性に生じるシミのことです。

ビタミンCやトラネキサム酸の内服治療(保険診療)が効果があります。

保険外治療としては、ビタミンC誘導体の外用とイオン導入、ビタミンA誘導体(レチノイン酸)の外用と 超音波導入、ケミカルピーリング(自宅でのホームピーリング、ライトピーリング、グリコール酸ピーリング)などがあります。

老人性色素斑

平坦なものについては、液体窒素療法が保険治療になります。

保険外治療としては、ビタミンC誘導体の外用とイオン導入、ビタミンA誘導体(レチノイン酸)の外用と 超音波導入のほか、レーザー治療があります。

隆起のあるものは老人性疣贅と同じ扱いになります。