とき皮膚科整形外科医院 / スキンケアセンター

>ホーム >皮膚科での診療案内  >水虫

水虫

ご説明

カビの一種である白癬菌が皮膚で繁殖すると水虫と言われる状態になります。

白癬菌が皮膚に少しついたぐらいでは水虫にはなりませんが、 長い時間菌にとって都合のよい湿潤な環境が維持されるとそこに定着してしまいます。 水虫は比較的乾いた状態のものもあれば、じゅくじゅくしたものもあります。

ただ、皮がぽろぽろむけるからといって、水虫ではないのに自分で水虫と思って市販の薬で治療をされていることもあります。

ですから、皮膚の角質の一部をとって顕微鏡検査を行ったうえで、状態に適した外用薬を処方します。

爪の水虫については塗り薬では治らないことが多いので、抗真菌薬の内服が必要です。