とき皮膚科整形外科医院 / スキンケアセンター

>ホーム >皮膚科での診療案内  >フケ症(脂漏性湿疹)

フケ症(脂漏性湿疹)

ご説明

フケ症と脂漏性皮膚炎は大きく関係しています。皮脂を分泌する皮脂腺は頭皮にあり、この分泌物を栄養源としている菌(常駐真菌)がいます。

症状としては皮脂がカビによって脂肪酸に分解される時に皮膚に炎症が起こってしまうものです。この病気は皮脂とカビが原因となっていますが、通常であれば問題ない菌で、本来誰にでも常在していますが、この皮脂が増え過ぎると、菌が大繁殖してしまいます。

皮脂の分泌が多いことを『脂漏』と言い、頭や鼻の両側、眉間、耳の裏、背中へ主に集中しています。これらが炎症を起こすことで痒みとなり、以下のような症状が現れます。

・皮膚表面が部分的に脂っぽい部分がある。
・顔全体の肌がかさつき赤みを帯びている。
・身体全体に皮膚がかさつき皮がむけ赤みを帯びている状態。
・頭や鼻の両側、眉間、耳の裏、背中などに炎症や痒みがある。
・頭皮などから大量の脂やフケが出る。
・頭皮などの毛穴から黄色い脂のかたまりが出る。

アトピーや脂漏性にきびに似ていますが、違う病気です。特に若い男性の場合、脂症という体質や、食生活、生活習慣の乱れが原因になるといわれています。疲労やストレス、睡眠不足なども発症要因となります。フケで悩んで皮膚科の医師に診断される多くの場合は、脂漏性皮膚炎と診断されています。