とき皮膚科整形外科医院 / スキンケアセンター

>ホーム >皮膚科での診療案内  >アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

ご説明

アレルギー性皮膚炎のひとつにアトピー性皮膚炎というものがあります。 手足の関節を中心に、皮膚が乾燥したり強いかゆみを感じたりするのが主な症状です。 さまざまな因子が原因として挙げられますが、一般的にはダニやホコリ、細菌、 花粉や食物に対するアレルギーに起因していると考えられています。

アレルギー体質そのものを改善できれば良いのですが、なかなか難しく現実的ではありません。 具体的には、ステロイド外用、抗アレルギー剤や漢方薬の内服、スキンケアと環境整備をすることで、 まず皮膚の炎症を抑えることを優先的に行います。

アトピー性皮膚炎は一般的には子どもの病気とされるようですが、 昨今では大人になってから発症するケースが増えています。 不規則な生活によるストレスが原因となっていることもあります。

アトピー性皮膚炎に悩む大人には大きく2つのタイプがあります。 子どもの頃からの症状が大人になってからも続いているタイプと、 もともとアトピー性皮膚炎になる可能性があった人が発症するタイプの2つに分類することができます。

大人のアトピー性皮膚炎の大きな特徴は、首から上、顔や頭皮などに症状が現れ、 子供よりも治療が長期化することです。 皮膚が乾燥したり強いかゆみを感じたりした場合は、早めに皮膚科を診察するようにしましょう。 早い段階で治療を行うことが治療へのカギです。 しかしながら、継続的に診察を受けず、薬だけを処方されているうちに 悪化するケースも目立ってきています。

継続的に診察を受けていただくことで、その時の症状に最適な治療に切り替えることができます。 医師の処方を守って、長期戦の構えで継続的に診察を受けることがとても大切です。